L8020乳酸菌は洗口液でも口臭が治らなかった人におすすめ!

朝口がネバネバしている、自分でも臭いのが分かる、口臭が気になる。といった悩みがありませんか?歯磨き粉や洗口液にこだわっても全く効果ないと落ち込んでいませんか?

そんな方にオススメなのが「L8020乳酸菌」です!

L8020乳酸菌とは、虫歯・歯周病が無い子供から発見された乳酸菌で口臭対策に今大注目の成分なんですよ!特に口臭の原因となる物質が増えやすい睡眠時に摂取すれば翌朝スッキリ、口臭が気にならない朝を迎えることが出来ます!

ではまずそもそも口臭は何が原因で起こるのでしょうか?

口臭の原因|翌朝口が臭くなる理由とは

朝起きたら気になる口臭ですが実は原因は「口内細菌とタンパク質」だと言われています。口内細菌が口内のタンパク質を分解する性質を持っているのですが分解と同時に異臭を放つガスを発生させることが分かっています。

そのガスは「メチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイド」といった物質です。

そのガスの発生を防ぐには「唾液」の分泌を増やすことが一番だと言われています。唾液には口内を洗浄する作用を持っていて、口内を保湿して口内細菌が増えにくい状況を作ります。

そうすることで口臭の原因である細菌を発生させにくくするのです。

口臭の原因は口内細菌とタンパク質、そして唾液が少ないのが原因ですが口内が乾燥するのはそれ以外にも緊張・ストレス、ホルモンバランスが乱れても起こると言われています。

また虫歯や歯周病患者は口内の歯と歯の間や歯と歯茎の間に歯垢(口内細菌とタンパク質)が溜まっているのでそれが口臭の原因になっている場合があります。虫歯と歯周病を治療することが口臭を気にならなくさせる近道です。

洗口液でもダメだった人はL8020乳酸菌は口臭対策がおすすめです!

L8020乳酸菌とは「虫歯・歯周病が無い子供から発見された乳酸菌」です。

研究によるとL8020乳酸菌水溶液10mlを歯周病菌に接触させると30秒後に歯周病菌が99.9%以上減少したということが報告されています。虫歯菌でも同様の方法で試した結果30分後に99.9%以上が死滅したということが分かりました。

つまりL8020乳酸菌は虫歯や歯周病にアプローチする乳酸菌なのです!

口臭の原因は口内細菌がタンパク質を分解して異臭を放つガスを発生させるの原因でした。そのためには唾液の量を増やすという方法もありますがL8020乳酸菌で口内の善玉菌を増やすというアプローチのやり方もあるんです!

L8020乳酸菌を口内でとどめると口内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らします。そうするとお口の健康も守られて同時に口臭も対策できちゃうんです!特に細菌の繁殖は睡眠時に増殖しやすいので睡眠時にL8020乳酸菌を摂取するのがオススメです。

またL8020乳酸菌は虫歯菌や歯周病菌にアプローチするので虫歯菌や歯周病菌が気になっている人にもおすすめで虫歯・歯周病が原因の口臭にもアプローチ出来ます。

電動歯ブラシを買って歯磨き粉にもこだわった、洗口液も買って寝る前にしっかり殺菌しているけど翌朝口内がネバネバして、口臭も気になって全く効果を実感できなかった…。そんな方は菌を減らすのではなく“良い菌を増やす”に着目してみませんか?

L8020乳酸菌は睡眠時に増殖する悪い菌を減らして翌朝の口内のネバネバと口臭が気にならない朝をお届けします!L8020乳酸菌が気になる方は是非ともL8020乳酸菌を試してみて下さい!

私が気に入っているL8020乳酸菌を配合した商品は「デンタフローラ」です!

おすすめの記事