介護施設(老人ホーム)は状況に合わせて様々な施設を選べます

高齢化社会を迎えている日本では、介護ビジネスの需要が高まっています。その中で重要なものの一つとして「老人ホーム」と呼ばれる介護施設があります。ただ老人ホームにも様々な種類があります。その分け方として設立した組織による分け方と、利用者の介護度による分け方があります。実際にはどのような分け方をしているのでしょうか。

公的施設は格安だが狭き門、民間施設は資金があれば手厚いサービス

老人ホームは大きな分け方として「公的施設」と「民間施設」の2つに分けることができます。公的施設には主に介護医療院、介護老人保健施設、そして特別養護老人ホームというものがあります。介護医療院や介護老人保健施設は病院と併設されているものが多くあります。

そのため原則として病院で入院された方が継続したケアを受けるための施設とされています。特別養護老人ホームは狭義の老人ホームとして認知されている施設で、原則として介護度の高い人が入所します。そしてこれら施設は社会保障の範囲内でサービスを受けることができます。そのため入所にかかる費用は安く抑えることができます。

最近では介護度の低い人でも入所可能なケアハウスと呼ばれる施設が増えています。一方で民間施設には有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅と呼ばれる施設があります。有料老人ホームは可能なサービスに応じて「介護付き」「住宅型」そして「健康型」に分かれます。

介護度に応じて入所に制限があることが一般的です。サービス付き高齢者向け住宅は通称「サ高住」と呼ばれる施設です。サ高住は老人ホームと違い、より「個人の自宅」に近い契約を行います。そのため多くのサ高住には自室専用のキッチンや浴室が完備されています。さらにサ高住の多くは医療施設や介護施設と提携することでより手厚いサービスを提供しています。他にも認知症の進んだ人向けのグループホームと呼ばれる民間施設が増えています。

介護施設(老人ホーム)は自分や周囲の状態に合わせて選びましょう

このように介護施設(老人ホーム)には様々な種類があります。そしてこれら施設にはそれぞれの特徴があります。そのため長年住み慣れた自宅を離れて施設を選ぶときには、自分や家族の状況や望まれるライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。そうすることで、より幸せで充実した老後の生活をサポートしてくれることとなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加