超高齢化社会を生き抜くために、介護保険制度を活用しよう!

日本は今、国民の4人に1人が65歳以上になり、超高齢化社会を迎えました。若い世代にとっては、いずれ家族の介護の問題に直面することを覚悟しておかなければならないと同時に、自身の老後への不安も増すばかりです。介護に対する負担と不安を大きくしないためには、介護保険サービスを上手く利用して、他人の手を借りることが重要になってきます。

介護保険制度の仕組みとは?

介護保険制度が始まったのは2000年でした。それ以前にも老人福祉制度というものがあり、介護ビジネスも存在していました。この制度の財源は全額が税金です。そのため、高齢者への福祉は行政による措置と捉えられていて、利用者へのサービスという視点が足りていませんでした。

また、訪問看護などの医療の窓口とは分かれていたため福祉との連携が乏しく、利用者にとっては活用しにくいというデメリットがありました。そこで、日本全体で介護を担っていく「介護の社会化」という理念のもと、介護保険制度が導入されることになったのです。これで介護が必要な高齢者が、少ない負担でサービスを受けることができるようになりました。

ただし、介護保険料を払わなくては、いざというときにサービスを利用できません。保険料を納めるのは、40歳以上の国民です。40歳から年金受給までの間は、医療保険料に上乗せされています。

年金受給者は、原則として年金から天引きされます。そして、保険料をちゃんと納めていれば、65歳を超えてから、必要なときに1割の費用負担をするだけで、介護サービスを受けることができるのです。この制度では、介護保険に加入し、保険料を払ったりサービスを受けたりする人を被保険者と呼びます。

一方で保険料を徴収して、制度を運営する人が保険者と呼ばれます。この場合の保険者とは、市町村です。被保険者が納める保険料と保険者(市町村)が負担する比率は、ちょうど50%ずつとなっているのがこの制度の大きな特徴です。

負担を一人で抱え込まないようにしよう

近年は、介護疲れによる虐待や心中などがニュースになっていますが、これらの事件は、介護に対する負担が大きすぎることが一因とされています。家族の介護に携わる人は、たまには息抜きも必要です。介護者は重荷を一人で抱え込まずに、介護保険制度を上手に活用して、家族全員が快適に暮らせる方法を考察していくことが求められています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加